4歳はじめてのスキー、ボーゲンマスターを使えばいきなりゲレンデデビュー可能!

スポンサーリンク

楽しみとセットにすると努力も楽しめるようになると考えている山ボーイです。

いよいよ4歳のスキーデビュー!

前回の日帰りスキー(ヨゴコーゲンリゾートヤップ)で、スキーデビューした山キッズ1&2。

子供たちの初スキーへ!余呉高原リゾート・ヤップに行ったよ!
寒いのに雪遊びができないのはもったいないと考えている山ボーイです。余呉高原には雪があります!寒い日が続きますが、今回は...

スキーに取り組むお兄ちゃんたちを脇目に、そりゲレンデで1日遊んでいた山キッズ3。いよいよスキーがやりたいと言い始めたので、満を辞して今回がスキーデビューです。

デビューにあたり、子ども向けスキーレッスンも探してみましたが、4歳から見てくれるところってほとんどないんですね。教える側としても手がかかるし、需要もあまりないのかも?

ということで、子どもへのスキーの教え方を調べて、実践してみることにしました。

子どもへのスキー教え方ステップ

スキーを楽しいと思ってもらう&一緒にリフトに乗って転けずに降りて来られるところに初回目標を設定します。汗をかきながら斜面を横歩きして滑り降りる、この練習は4歳児には辛いです。数分で嫌がります。

  1. 片足ずつスキーを履き、板がすべる感覚を知る
  2. 両足スキーを履いて(ボーゲンマスターつき)、牽引して遊ぶ
  3. 斜面に抱え上げ、滑り降りる感覚を養う
  4. 「ブレーキ!」で八の字姿勢をとる
  5. 一緒にリフトに乗る
  6. ゆるやかな斜面を一緒に降りてくる

こんな感じでマイルストンをおきます。絶対に怒らず、スキーで一緒に遊んであげることを念頭におきます。

ボーゲンマスター装着するとこんな感じ

IMG 4176

子供用のスキーをレンタルしています。体型にあった道具であることは安全の面でも必須なので、兄弟兼用ではなく本人専用で借りるようにします。

スキー先端についているのがボーゲンマスターです。左右の板を自由度のあるプラスチックでつなぐことで、強制的に板を揃えることができます。板に対しては万力でカシメてあり、赤い連結部分はハメコミになっているので、強い力が加わると左右の板が外れるようになっています。

IMG 4177

平らなところで牽引してあげるの図。立っているだけでズリズリ進むのでとても楽しそうです。牽引する側は汗だくです。いい運動になります!

15分くらいですべる感覚を身につけてもらってから、ゆるやかな斜面に抱き上げてすべる練習をします。板がすべるときについつい腰が引けて後ろ荷重になりがちですが、そうするとさらにスピードが出ますし転けます。怖いと思ったらむしろ前に荷重するように声を掛けながら、斜面に対して垂直に体をキープする練習をします。

あとは「ブレーキ!」と声をかけたときに八の字に足を開いて止まる感覚を覚えてもらいます。

ここらへんまででお父さん初心者講習が終了します。

適切に休憩を挟みながらやりましょう

IMG 4178

子供の機嫌を見ながら、適切に早めに休憩を入れるのが大切です。普段はお茶ですが、こういうときは甘いジュースを買ってあげるようにしています。ご褒美感を出しましょう(笑)

さあ、リフトに乗りますよ!

スノーエスカレーター(ベルトコンベヤみたいなやつ)で練習するつもりでしたが、運用は午後からのようでした。神鍋高原万場スキー場に行きましたが、山キッズ1&2と先に滑った山ガールによると、第一リフトはゆるやかとのこと。

スノーエスカレーター運用まで間が持たないのもあり、リフトに乗っちゃうことにしました。

山キッズ3がスキーを履いてから、はや30分。

IMG 1376

親子で仲良く並んでペアリフト。リフトから落ちないように注意します。

IMG 4201

ボーゲンマスターを装着したままリフトにも乗れますが、自分では進めないのでしっかりサポートしてあげる必要があります。左右を外してから乗っても良いのですが、はめ込みがかなり固いので苦労しますし、左右バラバラに動く板を子供自身が制御できない可能性があります。

なお、こちらは午後に撮影した写真なので、スノーエスカレーターが動いています。

ボーゲンマスターがあればスイスイ滑れる!

IMG 4194

ゆるやかな斜面。板を揃えてすいすいーっと滑っていきます。

IMG 4195

「ブレーキ!」と声をかけると、八の字に板を開きます。

あとは開き加減とか、板への荷重バランスで、スピード調整や左右舵取りができることを体感していきます。

ボーゲンマスターのおかげで初日からスキーが楽しめた!

IMG 4192

一緒に何度かすべるうちに、山キッズ3も要領を得て、人がいたら避けて進んだり、適切に止まることができるようになりました。さすがに一人でリフトには乗れませんが、子守役の大人がいなくても、家族みんなでスキーを楽しめる状態です。

ものの30分でここまでスキーを楽しめるようになるとは!

子供にスキーを教えるときには、ボーゲンマスター(トライスキー60)、超おすすめですよ!2000円程度で買えるので、ちょっとしたスクールに入れた程度のコスト感です。ゲレンデで売ってたらバカ売れすると思いますが、子供向けスキーインストラクターの職が危ぶまれる事態になるかも!

もっとスキーに慣れてきたら、ボーゲンマスターを外して練習するステップに進む予定です。

コメント