4歳児のスキー初デビューに向けて、すぐに滑れるボーゲンヘルパーを買ったよ!

スポンサーリンク

物事を始める際は、まず楽しい部分を味見すると頑張れると考えている山ボーイです。

4歳児のスキーデビュー、うまくいく?

子供たちの初スキーへ!余呉高原リゾート・ヤップに行ったよ!
寒いのに雪遊びができないのはもったいないと考えている山ボーイです。余呉高原には雪があります!寒い日が続きますが、今回は西寄りの寒波。九州や北陸は大雪ですが、近畿地方にはあまり雪が降らない傾向にあります。せっかくの週末、雪遊びをしようと...

前回のスキーでは、4歳の山キッズ3はソリすべりで1日過ごしました。楽しいそりすべりも、さすがに1日は大変です。

親の立場としても、はやく一緒にゲレンデを滑れるようになってほしいので、スキーを教えることにしました。

でも、スキーセットを借りてもすぐに飽きちゃうんじゃないか?と不安だらけ。4歳児を教えてくれるスキーレッスンもなかなかありません。

ボーゲンマスターを買いました

Fullsizeoutput 3e02

子供の頃、親にスキーを教えてもらったけど、苦痛でした。板が重い、長いという道具の問題もありますが、ボーゲンの形をキープするのに足が疲れちゃうんですよね。

そこで、スキーの先端部分を左右つないでしまえば、初心者でも自然にボーゲンの形が作れますよ、というのがボーゲンマスターです。トライスキー60という商品もあります。トライスキーの方が評判が良いみたいですが、訪れたお店にボーゲンマスターしかなかったのでこちらを購入しました。

 

ボーゲンマスターの方が安いみたいですが、基本的にやれることは同じです。2000円の出費ですが、これで山キッズ3が楽しくスキーしてくれるなら安いものです。

翌日、これをつけてスキーに挑戦した結果、ニコニコしながら一日中スキーを楽しめました。30分後には一緒にリフトに乗ってゲレンデを降りてこれるようになりましたよ。まさに最速スキーマスターツールです。

楽しいところから入れば、子供は自分から努力するようになりますね。せっかく購入したボーゲンマスターですが、あと数回で使わなくなりそうです。

モンベルでスノー手袋も買いました

Fullsizeoutput 3e04

これまでなぜか山ボーイ用の手袋がなく、毛糸の手袋とかでなんとかごまかしていたのですが、ゲレンデに行くことだし買うことにしました。モンベルの防水手袋にするか、防滴のパウダーグローブにするか。店頭で散々悩んだ結果、パウダーグローブにしました。オーバーグローブとインナーグローブを組み合わせるのも相当悩みましたが、最終的には値段をとりました。

縫い目の部分は防水されていませんが、雪遊びする訳でもなし、防水スプレーをたっぷり染み込ませておけばなんとかなるだろうとの算段です。実際、まったく問題なかったです。

楽しかったスキー当日の様子はまた別のエントリーで。

コメント