水に濡れても大丈夫!アウトドア用に防水マッチを買ったよ!

スポンサーリンク

火起こしにはこだわりたい山ボーイです。

濡れても大丈夫な防水マッチ?

登山用リュックの中には、いつもライターを入れています。また、キャンプ用のファイヤーグリルの袋には、マッチ箱を入れています。このマッチ箱、いつのまにか湿気てしまったようで、火の付きが悪くなってしまいました。湿気るとマッチ棒の頭部分(薬が塗ってあるところ)がふやけてボロボロになってしまうんですよね。

そこで、水に濡れても大丈夫という話の防水マッチを買ってみました。

IMG 4348

中国から郵送されてきましたが、注文したことを忘れてしまうくらい時間がかかりました(笑)

約20本のマッチが入っています。普通のマッチと違い、薬が塗ってある部分がやけに長い!たっぷり塗ってありますね。

マッチ棒を濡らして防水具合を確かめる

IMG 4349

さっそくマッチ棒を水に濡らしてみました。

なるほど、水を弾くようになっているのですね。確かに、これなら濡れても大丈夫かな?

火をつけてみましょう

IMG 4350

本当は外で点火したかったのですが、春の嵐で強風が吹いているため、やむなく屋内で。ケースにピンク色の薬を擦り付けると簡単に着火しました。幅広く燃えるため、少々の風があっても消えにくそうです。燃えるのはあっという間ですので、着火材等にすぐに落とすと良さげです。

モンベル等で買うと結構なお値段しますが、Amazonで輸入品を買うと激安です。非常時にも一つあれば安心感が違いますね。この調子でアルミのファイヤースターターも買ってしまいましょうか。

なお、普通のマッチよりも煙が臭いので、屋内で試す場合は換気扇を回しておくことをオススメします。

 

コメント