カレーは飲み物、なる名言をそのまま商品化しちゃった「カレーな気分」を飲んでみた

スポンサーリンク

新しいことへの挑戦とカレーには目が無い山ボーイです。

ポッカサッポロから発売されている「カレーな気分」なる缶入り飲料をご存知でしょうか。中にはカレースープが入っており、コンビニのおにぎりなどとセットで飲んでもらうことを想定して作られた商品のようです。カレーを飲み物にしちゃった。某ウガンダさんの名言、「カレーは飲み物」に倣ったのかは謎ですが、一般人にもわかりやすく飲み物にしちゃった商品です。

IMG 1615

小ぶりの缶です。そういえば最近、スープだの「出汁」だの「参鶏湯」だの、なかなか攻めた缶入り飲料が増えていますね。小腹はすいたけど、甘い物を飲むと口が気持ち悪くなっちゃうから、塩味のものが欲しくなる。でもガッツリ食べる訳ではないのだよねー、みたいなニーズに向けた商品なのでは。山ボーイもそのセグメントにおり、帰宅中についつい自販機で買って飲んでしまうことがあります。「出汁」はそれ単体ではほとんど味もわからず、相当「通」向けの商品です。

IMG 1616

ポッカサッポロフード&ビバレッジの「カレーな気分」は内容量170g。カロリーは53kcalくらいで、キュっと飲む分にはそんなにカロリーを気にしなくて良い絶妙なエネルギー。10種類のスパイスが入っているようです。なお、常温の商品を買いましたが、直火NG、缶のまま電子レンジはNG(当たり前か)なので、温めて飲むには他の容器に移し替える必要があるようです。洗い物が増えちゃうのでそれをやっちゃうと負けた気分になるなー。ということで常温そのまま飲んでみます。

IMG 1617

10種類のスパイスが入っているとのコピー通り、口に入れるとスパイスがグっときます。ブラックペッパーが強い気がしますね。ブイヨンの動物系旨みがあるのでこれ単体でもそれなりに空腹感を紛らわせそうですし、コンビニのおにぎりを交互食べすると相性が良さそうなのは容易に想像できます。とろみの強いカレースープは冷たい状態で口先に丸みを感じる程度のとろみなので、温めた状態だともう少しサラサラとしているのかも。温めた商品も飲んでみたいです。自販機やコンビニではあたたかい状態で売っているのだろうか。

これ、新しい!アリかも!

山ボーイは甘い飲み物があまり得意ではなく、コーヒーも無糖だし、紅茶も無糖を選びます。野菜ジュースもフルーツ入ってない方が好きかな。コーヒーやお茶ばっかりでは飽きてしまうし、糖質を抑えつつ食事系の味がするものを〜と考えると、このカレーな気分はベストチョイスな気がします!

一般ウケしない飛び道具に終わる可能性も否定できないのでいつまで入手できるのか謎ですが、時々買って飲むと思います!商品化してくれてありがとう!ポッカサッポロさん!

スポンサーリンク
考える山ボーイ
スポンサーリンク
山ボーイをフォローする
山ボーイ&山キッズときどき山ガール