トイレの水が流れにくいのは、木の根が原因かもしれません!

クリスマスを前にしながら、年末の大掃除に追われている山ボーイです。

トイレの水が流れにくくなっていませんか?

山ボーイ家は築5年なのですが、新しい割にトイレの水の流れが悪いことが気になっていました。

 

特に、今年に入ってからがひどい。

水が流れず便器があふれそうになるので、その都度「スッポン」(正式名称はラバーカップです)を使って水を押し込んでいました。

だんだん頻度が上がってきてストレスがたまるので、水のつまりを直してくれる業者に電話してみました。

あ、木の根が下水に入っていますね

業者の人に見てもらった結果

「よくわからん」

と、便器を外したりとりあえずの高圧洗浄をやられるところでした。

 

家の図面を持ち出してチェックしたところ、下水の桝がありそうな場所に桝がない。

あれれ?と探していたら、フタが土の下に埋まっていました。

IMG 1152

周りに植えてある木の根っこが蓋の隙間から入り込み、下水管の中に根を張っていたのがつまりの原因だったのです。

とりあえず原因がわかってスッキリしましたが。。。

木の根を除去する作業、4万円です

IMG 1153

木の根が入っていることがわかったのだから、上から引っ張って抜けば解決するんじゃないの?と聞いてみました。

業者さんがいうには・・・

かなり深いところまで根が入っている可能性がある。

力づくで抜いた場合に根が途中で切れて中に残り、その場合はさらに厄介なことになる。

高圧洗浄で根っこを剥がしてから抜いちゃいましょう。4万円です。

 

え?

4万円という費用に怯んだ山ボーイ。

しかし、原因を見つけることに力になってくれたし、これでトイレのつまり(のストレス)から解消されるなら払うか、と作業をお願いすることにしました。

結果、キツネの尾のような巨大な根っこが出てきました。こりゃトイレも流れにくくなるはずだ。

教訓:下水枡は定期的にチェックしよう

今回、木の根が入り込んでいたことが原因でした。

5年の間に入り込んでしまったようですが、1年なり半年ごとに自分で蓋を開けてチェックしていれば、木の根が奥深くまで入り込む前に自分で除去できたはずです。

払わなくてよい4万円でしたが、いい勉強代になりました。

 

戸建てにお住まいの方は、ぜひ参考にしていただいて汚水枡のチェックをしてみてください!

応援よろしくお願いします!
↓更新の励みになりますのでランキング投票お願いします! にほんブログ村 アウトドアブログへ

この記事をシェアする

山ボーイをフォローする