300名山のひとつ、広島県北の道後山に子供と登りました!見晴らしも良く、気持ちイイ山でした!

雨予報だったGWですが、雨は早々に過ぎ去ってしまいました!さあ、どこ行こうかと調べ始める山ボーイです。

今回は山ジイジと道後山に登りますよ!

気持ちの良い快晴の日に、広島県の庄原市にある道後山に登ってきました。山ボーイの父、山ジイジはその昔山登りを趣味にしていたことがあり。山キッズたちと一緒に登る約束がようやく実現いたしました。この日のために軽登山靴とトレッキングポールを新調した山ジイジ。

DSC04123

月見ヶ丘駐車場にやってきました。道後山スキー場のゲレンデ上にある駐車場です。約1000mの標高ですので、ここから300m弱登れば山頂に着くという標高の割にお手軽な山で、子供連れも多いです。道も狭いのでここまで来るのがそもそも大変という話もありますが。高速道路でのアクセスの場合、中国自動車道の東城ICで下りて北上します。手前にある猫山にもいずれ登ってみたいですね。

DSC04064

赤いジャケットを着ているのが山ジイジです。膝に爆弾を抱えているようですが、この日のために膝にコラーゲン注射?を打つ治療をしたらしく。快調なようです。山キッズ1&2は山頂でカップラーメン食べるぞー!と意気込んでいます。

いざ出発。風がつよいのが気になるが大丈夫かな

IMG 0041

恒例の出発前エイエイオー!今日は山ジイジがいることもあり、山キッズたちのテンションも高め。エイエイオーの声が高らかに響き渡ります。

DSC04067

途中何箇所か倒木が道を塞ぐ場所がありましたが、ヒョヒョイとまたげばそれもまた楽し。

DSC04068

山キッズ1は山ジイジと共に快調に進んでいます。危険な箇所はなく、ステップも切ってありますので歩きやすい道ですね。川沿いの道もありますのでこれからの季節、蛇には気をつけたいところです。

DSC04073

分岐点にやってきました。月見ヶ丘駐車場から0.8km。手前にある岩樋山(いわひさん)に登り、そこから隣に連なる道後山(どうごやま)に行くルートです。ちなみに道後山よりも岩樋山の方がちょびっと高いのですが、道後山の方が有名です。

山頂に近くにつれて見晴らしがよくなります

DSC04075

岩樋山山頂に近づいてまいりました。この日は低気圧が通り過ぎた所で、とにかく風が強かったです。先日購入したばかりの山ガールの帽子が飛ばされないよう、細心の注意を払います。2歳の山キッズ3は絶賛「ダッコ期」らしく、連れてきたもののほぼ歩きません。。。やむなく山ボーイが抱っこ紐で担いでいます。大変ですが、山キッズ3が強風で飛ばされる心配がないので結果オーライです。

DSC04077

さあ、一つ目のピーク。岩樋山山頂が見えてきました。山ジイジの話によると、その昔、山頂付近で放牧をしていたらしく。低木もしくは草原しかありません。とても見晴らしがいい、気持ちのよい山ですね。山ガールのテンションも上がっています。

IMG 0046

なぜか山頂で綱引きを始める山キッズ1&2。まだまだ体力が有り余っているようです。

DSC04081

360度のパノラマが楽しめます。周りは山だらけです。正面にうっすら見えるのが伯耆富士こと大山です。いつかは山ジイジと一緒に大山にも登りたいなあ。

遠近感がわからなくなる、壮大な風景

DSC04084

岩樋山から道後山へ向かいます。黒土で滑りやすいので気をつけながら下ります。トレッキングポールがあるとバランスが取りやすくて良いですね。

DSC04091

道後山手前にはたくさんのケルンがあります。分岐点に置かれているようなので目印なのでしょうか。謎。

DSC04093

孫との登山で山ジイジと山キッズ1の間に何かが芽生えたようです(?)。子供と一緒に何かをするって素晴らしい体験ですよね。こんな姿を見ていると、自分の幼少期にもこうして父親に連れられてあちこち遊びに出かけたんだろうなあと。親子の絆を再確認するチャンスですね。

DSC04098

ぽっこり、こんもりしている道後山です。笹原の中央に轍のような登山道があります。さあ、もうすぐ目的地の道後山山頂です。結構あっという間ですね。

山頂に到着!風が強すぎるのでおにぎりを食べる

DSC04100

ついたー!感動的なシーンですが、台風並みの強風で感動を味わっている余裕もありません。風をかわせる場所もないので、とてもお湯を沸かしてカップラーメンを食べるような状況ではないです。残念。

DSC04102

見晴らしのいい場所に陣取り、持参したおにぎりとパンを食べます。飛ばされないように細心の注意を払って食べます。風が強い日は登山に向かないんですね。特に遮るものがない山なので余計に大変です。これも経験ですね。

IMG 0066

その後、岩樋山を回避するルートで月見ヶ丘駐車場まで戻ってきました。ここで風をかわしながらカップラーメンを食べました。

DSC04122

ふと草むらを見ると、ずいぶん丈の伸びたふきのとうが咲いていました。ふきのとうって綿毛を咲かせるんですね。山ジイジの話によると、春はふきのとうがたくさんあるようです。ゲレンデ付近なので農薬等が撒かれている可能性はありますが。。。

子供も安心して連れていける道後山は登山入門にぴったり

とにかく風が凄かった、という印象が残ってしまった道後山登山ですが、子供を連れて歩ける上に見晴らしも良く達成感が味わえる理想的な山だと思いました。山ジイジに道具を買わせてしまったし、次はこの近くの吾妻山にも行ってみたいです。