もしかして、テントで寝ると寒い日は車で寝ればいいんじゃない?!車内にインフレーターマットを敷いて試してみたよ!

もうすぐ春ですね。暑くなったり寒くなったりと忙しい気候です。そろそろキャンプの計画を立てたいなと思うものの、行ってみてもし寒かったらどうしよう、と心配になったりもするもんです。そこでふと思いついたのがこちら。

「オートキャンプ場で車内で寝てもいいんじゃない?」

テントを張るのがめんどくさい場合も使えますね。タープを張ってアウトドアして、寝るときだけ車の中で寝ればいいんです。雨の日にも使えるテクニックですね。もちろんエンジンは切っときますよ。そんなアイディアを実行可能かどうか、まずは自宅で試してみました。

IMG 7127

トヨタのVOXYです。二列目&三列目を倒すとフラットになりますが、凹凸があってそのままでは車中泊には向きません。そこで、二列目と三列目の座面にあたる部分に寝袋を入れて底上げし、上からコールマンのインフレーターマットを載せてみました。なんとサイズぴったり!気持ちよくゴロ寝できる空間ができあがりました。ここにラグでも敷いて、山ボーイと山キッズ1&2が寝袋にくるまって寝る姿が容易に想像できます。

IMG 7125

山キッズ3も楽しそうにゴロゴロしています。鼻水のあとがカピカピになっており、お見苦しくてスミマセン。。。それでも載せたい親バカっぷり。。。

インフレーターマットを車内でたたむのがちょっと面倒くさそうですが、この組み合わせはアリですね!あとは窓を目隠しできるようにしたいと思います。

なお、凹凸が気になるようであれば上記サイトのように構造合板で折りたたみ式の床を作るのも良さそうです。なんといっても安いのがいいですね。