はんぺんとジャガイモでうなぎの蒲焼もどきができるって本当?!試してみたよ!

うなぎ高騰、うなぎ絶滅危機が叫ばれていた2012年頃には代用うなぎレシピのブームがあったようで、調べるといろいろ出てきます。古くは精進料理としてすりおろした山芋を焼いてうなぎに見立てたものもあったのだとか。今回は、はんぺんとジャガイモを使ったレシピを試してみました。

DSC03401

こちらが材料です。手前の練り物は、はんぺんをわざわざフードプロセッサでペースト状にし、そこにすりおろしたジャガイモを混ぜたもの。ジャガイモの汁気はある程度切ったほうがいいみたいです。あとは蒲焼のタレと味付け海苔。海苔に練り物を塗りつけて焼くだけです。簡単ですね。材料費も安いし、これでうなぎ蒲焼を再現できるなら最高じゃないか!ワクワクが止まりません。

DSC03402

焼きます。うなぎっぽい見た目にするために、フォークを使って筋を入れておくと良いらしいです。焼き色がついていますが、うなぎ感はまだ出てきていません。

DSC03406

焼けたら蒲焼のタレを絡めます。美味しそうな匂いが漂いますが、どう見てもうなぎの蒲焼ではないな〜。むしろ、磯辺焼きとか五平餅って感じ。

DSC03407

うなぎっぽくスライスして皿に盛り付けてみます。見た目ではそこそこいい感じですね!

DSC03408

ご飯にのせて、山椒の粉をふりかけて食べてみます。

うーん、練り物だね。

うなぎのホロホロ感とか、こってり感がほとんど感じられず。粗めのはんぺんを食べてるような感じです。海苔のおかげで磯っぽさは感じますが、うなぎではないな〜。満足度はあまり高くないですが、ネットではあちこちで絶賛!しているので、私の作り方が悪いのかもしれません。カロリーも低めでお財布にも優しいので、またチャレンジしてみようと思います。