箕面の山で狩猟について考える。自然豊かなエリアと、狩猟という行為について。

箕面の山をハイキングしながら、

もし今猟銃持ってたらどうなんやろ、と考えてみた。

実際はハンターではない。猟銃も持ってないし、狩猟税も払ってない。

IMG 3281

山の中いたるところにあった、イノシシが掘り返した跡。

鳥を撃とうと空気銃を持ってたとしても

イノシシに鉢合わせるとどうしようもないな。

道中で見かけたサルにビビってる場合ちゃうわ。

IMG 3301

こんな切り立った崖で鳥を撃ったとしても

とても獲物を捕りにいける状態ではないな。

山で猟をするなら、とくに大型獣を狙うなら猟犬は必須。

鳥を撃つなら回収を考えて河川敷や池など水辺が有利。

つまり、山のそばに住んでいるからといって

必ずしもハンターとしてのアドバンテージにはならん。

徒歩圏に猟場があるとは言い難い。

どちらかというと、

ちょっと山に入った里山エリアで

そこの農家の許可を得て鳥を駆除すべきなんだろうな。

ハンターを志すにはもう少し実情調査が必要みたい。

でも誰に聞いたらええんやろ。

応援よろしくお願いします!
↓更新の励みになりますのでランキング投票お願いします! にほんブログ村 アウトドアブログへ

この記事をシェアする

山ボーイをフォローする